目的に合ったシミ取り化粧品を検索
悩み・目的 しみ  くすみ  美白  はり  うるおい 
肌荒れ  弾力  小ジワ  毛穴引き締め  たるみ 
透明感  UV対策  きめ 
肌質 普通肌  混合肌  乾燥肌  脂性肌 
成分 ハイドロキノン  ビタミンC  シムホワイト377  植物性天然成分抽出 
ヒト型ナノセラミド セレプシド  高浸透型レスベラトロール  酵母エキス 
植物性スクワラン  ヒアルロン酸  セラミド 
ステップ 集中型  エイジングケア 
おためしセット 化粧水  美容液  乳液  クリーム  メイク落とし 
洗顔料  日焼け止め 

人気のシミ取り化粧品

ビーグレントライアルキット

ビーグレン美白トライアルセット(b.glen)

10年前のお肌を取り戻せたら...もちろん夢ではありません。シミ取りに最強の美白成分「漂白型 ハイドロキノン」とメラニン発生をブロックする「予防型 シムホワイト377」。今ならたっぷり試せる7日間トライアルセットがわずか1944円(税込み)で。しかも送料無料で365日返金保証!濃いシミ取りに成功した方の体験談が多数集まる本格的シミ取り化粧品。

シミ取りの解消法はこちら>>

ビーグレンの詳細はこちら>>

 

 

POLAサエルトライアルキット

POLA サエル トライアルセット
乾燥肌だから・・・敏感肌だから・・・と、「美白」を諦めていませんか?
美白のスキンケアを使っても効果が得られない、敏感肌なので普通に売っているものでは刺激が強すぎる、トラブルを起こしそうで怖くて使えない、季節の変わり目などで乾燥状態になり、美白が続けられない、使ってもしみたりトラブルが起こる、念入りにスキンケアしても乾燥してしまう・・・
こんな症状に当てはまったら、是非サエルを使ってみて下さい!

POLA サエル トライアルセットの詳細はこちら>>

 

 

ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルールラグジュアリーホワイト

5年後10年後のお肌に差をつけよう!「点(スポット)」と「面(全体)」のWケアであなたも運命の美白ケアを!早速ラグジュアリーなお肌を手に入れて下さい。トライアルキットは全国無料配送。お支払い手数料も無料の上次回のお買い物が1000円割引きになる特典付きで6500円相当が1980円!今すぐに!

ラグジュアリー・ホワイトの詳細はこちら>>

 

 

ライスフォース深層保湿トライアルキットの詳細はこちら

ライスフォース透明美白トライアルセット
ハワイの超一流ホテルのスパでも採用されたライスフォース。その秘密はライスフォースが持つうるおうチカラ!
美肌をつくるための保湿力でナチュラルメイクを楽しめるほどに・・・。ホワイトニングクリアエッセンスにはメラニンの生成を制御する持続性ビタミンC誘導体が配合されています。ライスフォース独自の技術で肌の奥まで浸透、透明感あふれる肌へ。シミ取りにお肌を潤す透明美白セット。

ライスフォースの詳細はこちら>>

 

 

アスタリフト

アスタリフト美白トライアルキット

4次元美白って何?シミは表面だけではありません。肌表面の「面美白」と角層深くの「新美白」で立体的な美白ケア。『メラニンの一生』をコントロールする時間のケア。「ビタミンC誘導体」「アルブチン」も配合されシミにアプローチ。今なら美白トライアルキットを全国へ送料無料の1000円でお届けします。商品到着後のお問い合わせ電話窓口も充実しています。

アスタリフトの詳細はこちら>>

 


シミ取りクリーム

 

シミ・くすみの短期解決方法

年代別 シミ取り化粧品の選び方重要ポイント

年代 シミの原因 最適な対処法 最適な理由
20代

原因その1
ニキビが原因のケース
20代は皮脂の分泌量が多く、ニキビができやすい。そのためニキビ跡の色素沈着でシミになるケースが多い。

ビタミンC配合のシミ対策化粧品を選ぶのが最適 (ビタミンCが有効な理由)シミなどの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれる働きがあります。健康やアンチエイジングに必要な、抗酸化作用があるので体が老化・酸化(さびる)のを防いでくれます。他にも、皮脂分泌の抑制もあるのでニキビ痕を治すのも効果的です。新陳代謝も高めてくれるので毛穴も引きしめてくれます。ビタミンEの含まれているサプリメントを飲む人が多いですが、肌に届くのはごくわずかになってしまいますので、シミを薄くすることは難しくなってしまいます。しかし、ビタミンC誘導体を肌につけることで、より効果的にシミを薄くする事が出来るのです。ビタミンC誘導体は、出来てしまったメラニンを無色に変える事が出来る性質を持っています。※「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」は少し別物になります。ビタミンCだけだととても酸化しやすく、肌への効果がほとんど失われてしまう状態ですが、ビタミンC誘導体は分子結合しているため、酸化しにくい性質を持っています。結果的に、ビタミンC誘導体が酸化せずに肌に浸透し、肌の中でビタミンCの効果を発揮できる、という状態になります。【ビタミンC配合の化粧品】

ビーグレン美白トライアルセット(Cセラム)

 

原因その2
若い年齢からの早期ターンオーバーの低下

抗酸化物質を取るように心がけた方が良い

毎日、肌の細胞は生まれ変わっていますが、新しく出来た細胞が表皮まで押し上げられる周期が、およそ28日周期と言われています。
このターンオーバーが遅すぎると、角質が肌に溜まり角質層が厚くなります。結果、シミが出来る、くすみ、キメが荒い、毛穴が目立つ・・・といった肌トラブルが出てきます。
このターンオーバーの周期を遅らせている原因が「抗酸化物質の大量消費」になります。どういう事かといいますと、紫外線を浴びるとその中の攻撃物質が皮膚の中に侵入してきます。そして、皮膚の中で「活性酸素」が作られます。この「活性酸素」は「抗酸化物質」によって排除されますが、「活性酸素」が多いとその分「抗酸化物質」が大量に必要となるわけです。
抗酸化物質とは主に「抗酸化ビタミン」(ビタミンA・C・E)「抗酸化ミネラル」(亜鉛・セレン)「フィトケミカル」(ポリフェノール・カテキン)といったものになります。
※活性酸素:様々な老化現象や病気をおこすものではないか、と考えられている物質。物質を酸化させるもの。とても攻撃的で毒性が強い。
【抗酸化物質が配合されている化粧品】
ビーグレン美白トライアルセット(ビタミンA配合のコラーゲン保湿ゲル)

30代 20代までに浴びた紫外線により、お肌の奥に眠っていたシミが表面化してくる。 表面だけでなく、見えていない肌の奧のシミ対策も取らなければならない。

今まで浴びてきた紫外線で、大量に作られたメラニンの固まりが肌奧に潜み「シミ予備軍」となって存在しています。
こういったシミ対策には、紫外線をカットすること、「シミ予備軍」を肌表面に出さないようメラニンの生成を抑えること、メラニン色素を排出することがあげられます。
【隠れシミに効果ありの化粧品】
アンプルール

40代

長年の紫外線などによって定着したシミ
さらにお肌に眠っているシミも多くある年代。

メラニン排出と発生予防の同時ケアが必要。保湿にも重点を置くべき。

40代になると、急にお肌の悩みが増えてくることが多くなります。それに伴い、集中的にケアすることも必要になってきます。
シミ予防も大切ですが、主にシミを消すことを目的とした美白化粧品を選ぶ方が良いでしょう。例えば、シミ・肝斑の両方に効き目のある「ハイドロキノン」が配合されているものである、などです。
紫外線対策は元より、今あるシミを押し出すこと、ターンオーバーを活性化させることが必要です。他には、肌の水分が少なくなりがちなので、保湿性の高いもの、肌の奥深くに浸透しなければその化粧品を使っている意味が全くありませんので、浸透性の高いものを選ぶ方が良いでしょう。
【浸透性が高い化粧品】
ビーグレン(国際特許の浸透技術で肌の奧まで成分が行き渡り、メラニンまで到達する)
アフタリフト(角質までスピーディーに浸透)
リセラ(天然ミネラルをそのまま使用しているので、浸透力が高い)
アンプルール(濃いシミを集中的にケアする事ができる美容液も有り)

シミ取りに化粧品を利用する場合と医療機関を利用する場合

 

シミを取るためには、化粧品を利用する場合と医療機関を利用する場合があります。その選択にはシミの構造を知ることが大切です。シミは紫外線などの影響により皮膚の奥でメラニンが生成されて生まれてきます。皮膚が新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返す中で、皮膚の表面へと押し出されていきますが、その程度によって表面から皮膚の奥へと深い場合があります。これらのシミを取るために化粧品を利用する場合は、漂白作用がありさらに浸透力がなければ期待する効果を得ることができません。
医療機関として皮膚科や美容外科でシミ取りを受ける場合に注意したいのが医療レーザーを用いた治療です。医療レーザーは高周波と言われる高い熱で細胞を破壊し取り除くことになりますので、相応のリスクもあります。皮膚科でも一般的なシミと肝斑の見分けがつかず、より悪化させてしまうケースもあるぐらいです。
リスクを覚悟のうえで外科的治療を受けるか、少し時間はかかるけれども化粧品でシミを取っていくかの判断は、やはり化粧品を選ぶことをオススメします。
なぜなら、化粧品の場合はお肌の土台づくりも兼ねているからです。外科的な治療はシミの部位だけにスポットを当てますので、全体的なお肌の状態が好転することはありません。しかし、化粧品の場合はビタミンCなどの美白効果やお肌に潤いを与える成分が含まれているので、シミを取りながらお肌全体の状態を好転させることができます。
年齢とともにお肌の状態は自然と衰えていきますので、お肌の全体の状態を良くすことは長く美しい様子を保つために必要なことではないでしょうか。治療は一時的、美容は継続的、美しい肌を保っている人の多くがこの考え方です。

 

20代後半でもシミにより老けた印象に。40代ではさらに。

シミは出産を経て多くなる濃くなるという話題も少なくありませんが、基本は日頃の予防とお肌の新陳代謝です。予防とは紫外線を受けないために日傘など心がけが大切です。新陳代謝はお肌の中のものとなりますので、食生活や睡眠時間・運動などが作用していきます。それらを継続するためには、シミが大きく濃くなったときを想像することです。実際にシミが大きくなると20代でもかなりおばさん化します。40代のシミともなれば、いくらオシャレをしても顔のシミが印象づける年齢との差が出てしまい、センスの無い印象にもつながってきます。特に化粧の下に映るシミを気遣ってしまうがために濃い目のファンデーションなどでシミを隠そうとします。そうするとは肌のトーンはやはり暗くなっていきますので、せっかくの目鼻立ちのキレイな方であっても、圧倒的に印象